建築物の確認検査・住宅性能評価・金融公庫融資物件審査・ビルディングナビゲーション確認評価機構
建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:お問い合わせ 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション・サイトマップ
建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション確認評価機構 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:最新情報 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション会社概要 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション事務所のご案内 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査業務:採用情報  
建築物の確認検査
住宅性能評価
住宅金融支援機構 フラット35
住宅瑕疵担保責任保険
長期優良住宅
低炭素建築物新築等計画に係る技術的な審査
省エネ法に基づく建築物調査業務
確認検査・性能評価手数料
建築物の確認検査手数料
住宅性能評価手数料
住宅金融支援機構フラット35手数料
長期優良住宅技術的審査料金
低炭素建築物の審査手数料
検査・評価書類のダウンロード
確認検査書類
完了検査・中間検査
住宅性能評価書類
住宅金融支援機構フラット35書類
長期優良住宅書類
低炭素建築物書類
検査・評価書類作成のポイント

建築物の確認検査

確認検査

「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」の規制措置について平成29年4月1日に施行されます。


特定建築行為を行う建築主は、


【特定建築行為とは】
・2000u以上の非住宅建築物(特定建築物)の新築
・特定建築物の増改築(増改築する部分のうち非住宅部分の床面積が300u以上のものに限る。)
・特定建築物以外の増築(増築する部分のうち非住宅部分の床面積が300u以上であるものであって、当該建築物が増築後において特定建築物となる場合に限る。)


当該建築物を建築物エネルギー消費性能基準適合させること、建築物エネルギー消費性能適合性判定を受けることが義務付けられます。これらは建築基準関係規定とみなされ、確認済証の交付を受けるに際に適合性判定通知書が必要になります。


BNVでは、所管行政庁が行わせる範囲の省エネ適合性判定を行います。


建築物省エネ法の国土交通省HP

業務規程等

受付票





Copyright © 2006 Building Navigation.