建築物の確認検査・住宅性能評価・金融公庫融資物件審査・ビルディングナビゲーション確認評価機構
建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:お問い合わせ 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション・サイトマップ
建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション確認評価機構 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:最新情報 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション会社概要 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査:ビルディングナビゲーション事務所のご案内 建築物の確認検査・住宅性能評価・住宅金融公庫融資物件審査業務:採用情報  
建築物の確認検査
住宅性能評価
住宅金融支援機構 フラット35
住宅瑕疵担保責任保険
長期優良住宅
低炭素建築物新築等計画に係る技術的な審査
省エネ法に基づく建築物調査業務
確認検査・性能評価手数料
建築物の確認検査手数料
住宅性能評価料金
住宅金融支援機構フラット35手数料
長期優良住宅技術的審査料金
低炭素建築物の審査手数料
省エネ適合性判定料金
検査・評価書類のダウンロード
確認検査書類
完了検査・中間検査
住宅性能評価書類
住宅金融支援機構フラット35書類
長期優良住宅書類
低炭素建築物書類
検査・評価書類作成のポイント

次世代住宅ポイント対象住宅証明書等発行業務

次世代住宅ポイント対象住宅証明書等発行業務

平成30年12月21日に閣議決定された「次世代住宅ポイント制度」に基づき、次世代住宅ポイント対象住宅証明書の発行サービスを行います。


次世代住宅ポイント制度の概要

次世代住宅ポイントの概要については国土交通省のHPをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000170.html
もしくは、次世代住宅ポイント事務局のHPをご覧ください。
https://www.jisedai-points.jp/


業務範囲

(1) 注文住宅の新築
新築住宅で2019年4月1日〜2020年3月31日に請負契約・着工(※1)し、2019年10月1日以降に引き渡しをうけたもの。
※1:税率引き上げ後の反動減を抑制する観点から、2018年12月21日〜2019年3月31日に請負契約を締結するものであっても、着工が2019年10月1日〜2020年3月31日となるものは特例的に対象とする。
(2) 新築分譲住宅の購入
2018年12月21日〜2020年3月31日に請負契約・着工し、かつ売買契約を締結し、2019年10月1日以降に引き渡しをうけたもの
(3) 新築分譲住宅の購入(完成済み購入タイプ)
2018年12月20日までに完成済みの新築住宅であって、2018年12月21日以降、完成から1年以内に売買契約を締結し、2019年10月1日以降に引き渡しをうけたもの

業務区域

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(島しょ部を除く)、神奈川県、山梨県、長野県の全域

業務開始日

平成31年4月1日

次世代住宅ポイント対象住宅判定基準及び適合審査料金(円・税抜)

次世代住宅ポイント対象住宅判定基準 1戸建ての住宅※A
確認又は性能評価をBNVに申請 単独申請
外皮簡略計算※5 左記以外
@断熱等性能等級4 25,000 30,000 36,000
A一次エネルギー消費量等級4以上 25,000 30,000 36,000
B耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上 40,000 50,000
C免震建築物※1 別途見積 別途見積
D高齢者等配慮対策等級3以上※2 30,000 36,000
E劣化対策等級3の住宅で、かつ、維持管理対策等級2以上※3の住宅(共同住宅・長屋については、一定の更新対策※4が必要) 30,000 36,000

次世代住宅ポイント対象住宅判定基準

※N戸:住戸数
共同住宅等※B
確認又は性能評価をBNVに申請 単独申請
外皮簡略計算※5 左記以外
@断熱等性能等級4 25,000×N戸 30,000×N戸 36,000×N戸
A一次エネルギー消費量等級4以上 25,000×N戸 30,000×N戸 36,000×N戸
B耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上 別途見積 別途見積
C免震建築物※1 別途見積 別途見積
D高齢者等配慮対策等級3以上※2 30,000×N戸 36,000×N戸
E劣化対策等級3の住宅で、かつ、維持管理対策等級2以上※3の住宅(共同住宅・長屋については、一定の更新対策※4が必要) 30,000+5,000×N戸 36,000+5,000×N戸
(注)@からEまでの技術基準は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づく住宅性能表示制度の性能等級などと同じ。
※1:免震建築物は、評価方法基準1−3に適合しているものを対象
※2:9−1高齢者等配慮対策等級(専用部分)及び9−2高齢者等配慮対策等級(共用部分)の等級3
※3:4−1維持管理対策等級(専用配管)及び4−2維持管理対策等級(共用配管)の等級2
※4:一定の更新対策とは、躯体天井高の確保(2.5m以上)及び間取り変更の障害となる壁または柱がないこと
※5:外皮面積を用いない評価方法
※A:人の居住の用以外の用途に供する部分を有しない1戸建住宅
※B:共同住宅、長屋その他の1戸建住宅以外の住宅
※C:変更にかかわる審査料金は上記料金の半額とする。
※D:破損などによる証明書の再発行手数料は1住戸につき5,000円とする。

必要書類

A:受付票

B:次世代住宅ポイント対象住宅証明依頼書(別記様式1号)

C:適合審査用提出図書

(品確法施行規則第3条第1項に準じる:設計内容説明書+判定基準が明示された書類・設計図書)

次世代住宅ポイント対象住宅証明書(ダウンロード書類)

1 受付票 (xls形式)
2 次世代住宅ポイント対象住宅証明書の発行業務規程 (pdf形式)
3 次世代住宅ポイント対象住宅証明書の発行業務約款 (pdf形式)
4 次世代住宅ポイント対象住宅証明依頼書(別記様式1号) (xls形式)
Copyright © 2006 Building Navigation.